医学部予備校選び方のポイント

医学部予備校選びはここをチェック!

「医師になりたい!」「医学部へ行きたい!」という夢を叶えるためには、まず入試合格という厳しく狭き門をくぐり抜ける必要があります。
そのためには「どこの医学部予備校へ通うのか?」という選択肢が重要となってくるでしょう。
しかし、たくさんある予備校の中から選ぶ際に、「なんとなく」とか「合格できるって言われたから」なんて感じで選んでしまい、「あの時あっちの予備校にしていれば…」なんてことの無いようにしたいものです。
しっかりとした実力と実績のある医学部予備校を選ぶためのポイントを詳しくみていきましょう。

授業のスタイルの違いを知ろう

医学部予備校の授業のスタイルは、大きく分けて2つあります。
集団授業」スタイルと「個別指導」スタイルです。

集団授業

大手予備校のように100人規模の大教室で行うイメージがありますが、医学部予備校の大部分では少人数制をとっています。
10人以下の人数で行う授業なので、講義を聞き、ひたすら板書する大学のような一方通行の授業では無く、講師が生徒達とコミュニケーションを取りながら授業を進めます。 たまに解答解説を求められたり、場合によってはその場で質問したりと講師と生徒のやりとりも可能です。
レベルの近い生徒でクラス編成されている場合も多いので、ライバル意識も芽生えて「あいつには負けられない!」と学習意欲が高まる!なんてこともあります。
反面、予習復習などの自学自習がきちんとできない生徒やマイペースな生徒は置いていかれてしまい、ただ座っているだけの授業となってしまう可能性もあります。

個別指導

生徒一人ひとりに学習レベルや学習ペースを合わせた指導を受けることができます。
苦手な部分や志望校対策などより細かく具体的な指導が受けられるので、効率よく学ぶことができます。
集中力が続かなくて集団授業はちょっと…なんて方も、講師と面と向かっての授業ですから、よそ見したり余計なことを考える間もありません。学習ペースを上げて、1年でカリキュラムを2周3周する場合もあります。

反面、ライバルとなる周りの状況が見えづらくなるので、苦手な分野の克服に時間を掛けすぎて学習の進捗が遅れがちになったり、自分自身との戦いになるので学習意欲の低下に繋がる場合もあります。

 

以上のように「集団授業」「個別指導」ともにメリット・デメリットがありますが、
周りのライバルと競い切磋琢磨しながら勉強したいなら「集団授業」スタイル、マイペースでも確実に力をつけたいなら「個別指導」スタイル。
また、この両方を組み合わせて、より良いとこどりで効率的に指導している医学部予備校もあります。

自分にあったスタイルを見つけるには、一度体験してみるのが一番!
体験授業を実施している医学部予備校も多数ありますので、ぜひ一度体験授業を受講してみましょう。

設備・環境はどうか?

1年間通うことになる予備校ですから、授業以外の時間も勉強に集中できる設備や通学の周辺環境も大事になってきます。
こんな点も注意してみましょう。

校内の設備

自習室の設備は要チェックです。1年間で一番長い時間利用することになる空間です。

  • 空いている席は十分にあるか? または、専用自習席を用意してくれているか?
  • 朝から夜まで利用可能か? 日曜祝日は利用できるか?

上記2点は確実にチェックしましょう。

指定席を一人ひとりにもらえる予備校であれば、朝登校して自分の席に座れば良いですが、専用自習室でない場合や空きの席が少ない場合などは、その日の自習席を求めてオープン前から列に並ぶ席取りをしなければなりません。

また、休憩が出来るスペースがあるか? 質問対応してもらえるスタッフ・講師が常駐しているか? コピー機は使える? 参考書や赤本は閲覧できる? などなど、設備面でも学校見学しながらチェックしておきましょう。

通学環境・周辺環境

交通環境や周辺状況は意外に見落としがちなので、事前に確認は忘れずに!

  • 交通状況
  • 通学環境
  • 周辺のお店はどうか?

気をつけるべき点はこの3つ!
電車での通学時は朝のラッシュで無駄な体力を奪われたり、インフルエンザ等の感染症のリスクも高まります。
授業や自習で夜遅くなることも多いので、特に女性の生徒は人通りの多い道で通学できるかも見ておきましょう。

また、周辺にコンビニやレストランなど食事やちょっとした買い物が出来る場所が近くにあると便利です。
あまり繁華街でも遊べる場所や寄り道できる場所が増えて誘惑に負けてしまうかも…
ビジネス街や文教地区にあるかどうかも大きなポイントです。

まとめ

上記以外にもそれぞれの予備校ごとに、指導システムに面白い特長があるところもありますが、ここでは比較しやすいポイントをまとめてみました。

その他の気になるポイントも、このサイトでは特長ごとに検索して比較ができます。
ぜひお試しください!